お金の心配は誰しもよぎるもの

高額療養費制度を知る

医療費については皆が悩みを抱えるもの、筆者も入院前はそれが一番の懸念事項だった。それまで入院保険に加入していなかったので、保険からの入院補助金は発生しないため実質3割負担が原則としてのしかかる。しかしそれでも多額になっていた。かなりぶっちゃけた話をすると、ヘルニアの手術をした際に入院から退院までに掛かった医療費は総額で『70万円以上』で、およそ20万円程度の負担が求められます。払いたくても払えない、という人の気持ちが理解できるが、理解しては行けない点でもある。どうしてかというと、医療費の踏み倒しという問題は現在でも続いているからだ。

病院側が医療費の未収患者に対しての請求は現状、対策や解決策などがまだはっきりとしていない。またそれどころか、世の中には意図的に払わないでいちゃもんを付けて踏み倒そうとするモンスターペイシェントすらいるという始末。モラルが疑われるところだ、これでも日本はまだ医療費は安いほうだというのを知らないからやっているのかもしれませんが、流石にこれはどうか。筆者の姉、その友人に看護師として勤務している人がいるという話を度々耳にしていた。その時に尋ねてみたが、実際に医療費を払えない人がいる場合はどうするのかというと、為すすべなく有耶無耶になってしまうという。

これはもちろん本当の意味で生活に困窮している人たちに対してで、経済力を有している人たちには当てはまらない。悪質な場合は訴訟も辞さない事もあるらしいが、それでも抜本的に問題解決への糸口すらいまだ見いだせない状況だ。問題はあるものだが、こういう点を先に修繕すべきではないのかと、入院を経験した側として痛み入るところだ。

入院や手術ともなれば高額な医療負担が患者にのしかかります。治したくても治せないという人の不安は募りますが、そうした不安を感じること無く一定額以上払わなくて良いという施策が登場した。1~3割負担ではなく、手続きをすればそれよりも更に医療費を安く出来る『高額療養費制度』というものがある。こちらを利用した『限度額適用認定証』を然るべき手続きで発行してもらえれば、自己負担額を更に天井を低くしてもらえるのだ。

今と昔では、断然今は良心的

筆者は仕事柄、色々な業界の情報を仕入れる事があったので実のところ入院前からこの高額療養費制度については、それなりに知識を仕入れていた。なので真っ先に手続きしなければと思いましたが、実は病院の入院の事前説明でこちらを紹介されます。それだけ医療費の未収だけは避けたい、という病院側の意もあるのでしょうがこの制度を使用するだけで天と地ほどの差が生まれる。そんなに変わらないだろうと思うでしょうが、申請するだけで3割負担を更に自己負担限度額という天井が差し込まれて、それ以上払わなくても良いと許可される制度なんです。

これは誰しも受けられる制度となっています、筆者はまだ総額70万円で医療費の中で見れば安いほうだと言われてもおかしくない。それこそガン治療ともなれば総額1,000万円以上の負担が求められる、なんてケースに発展しかねないことを思えば、申請して損はない制度だ。とはいえ、人によってその天井は変わってきます。おおまかに言えばその人の年収・標準報酬によって異なってくるので、現在までに指定されている高額療養費制度の適用認定については次のようになっています。

年収約1,160万円~ 252,000+(医療費-842,000)×1%
年収約770~1,160万円 167,400+(医療費-558,000)×1%
年収約370~770万円 80.100+(医療費-267,000)×1%
~年収約370万円 57,600
非課税世者 35,400

※平成27年度1月診察分から

ざっと紹介すると、このようになっています。正直年収が1,000万円超える人がこんなものを申請するなんておかしくないか、なんて思う人もいるかもしれません。それも病状次第で変わってきますし、中には払える能力があるのに払わない人がいるのも事実。だからこそ、最低限こちらの制度を申請してもらえれば自己負担額を更に限度額設定で低く出来るようになった。

この取り組みは今から4年前、平成24年から始まったので知らない人もいるかも知れません。今まで3割負担でも何十万と払えなかったという人は、なおの事おすすめです。そしてこの高額療養費制度の申請をきちんと受理した形で受け取るのが、ちらっと紹介した限度額適用認定証という物。これを入院時までに提示すれば肩の荷が軽くなるのだ。

申請から発行までの時間

但しこの高額療養費制度を利用する場合、それなりに日数がかかります。そのため、出来るなら即座に申請することを推奨する。大まかな平均日数として、1週間は発行日時を要すると言われているので入院前までに用意しておくと手続きは非常に便利だ。けれどもし間に合わなかったら適用されないのかといえば、そんなことはありません。病院でもその点について説明されますが、もし入院手続き当日までに間に合わなければ後日、提出でも構わないとのこと。但し、退院時までに発行が間に合わなかったら負担は3割となってしまうのでご注意を。これも払い過ぎた分は認定書を提示すればいくらか日数は掛かってしまうものの、きちんと返って来ます。

間に合わずその場は3割負担で払うよりは、事前準備で用意して限度額で支払う方が断然良いので念頭に入れておこう。1つ注意点として、ここでの限度額とはあくまで『治療行為に要した代金請求に対する天井』であって、入院時に伴う『食事代などは入院日数によって別途請求される』という点を忘れないように。

申請までの時間

筆者もこの認定書を申請するため、早速初診日の夜から書類を書くことにした。ただ書き方がかなりややこしいこと、更に書類を何処に送付すればいいのかなどを調べる必要があったので、それなりに苦戦した。認定書の発行は全て郵送で済ませられるので便利は便利だが、書類や項目の不足が生じれば当然時間がかかります。

なので痛む身体を押しながら仕事をしつつ、あちこちへ奔走した。その都度思ったものです、『入院前の病人って大変なんだな……』とあまり実感したくない経験をしたものだ。ただ次に繋がるので損をしないのが何だか釈然としない。1つ意外だったのが、混んでいなかったのか申請してから3日前後で発送された事もあったのでそれについて驚いた。

認定証の発行も済み、とりあえず1つ事を解決しましたが、患者はこの間にも病院から色々な点について説明を受けます。

知っておきたい、入院から退院までの流れ